I

IEEE 1394

2 つの独立したシステム間のデータ転送に使用されるデジタル接続またはバスの標準規格。1394a 標準規格は 400 Mbps の帯域幅を提供しますが、到達範囲は 3 または 4 メートルに制限されています。1394b 標準規格では、帯域幅が 800 Mbps に、到達範囲を住宅全体の環境に拡張されています。

IEEE 802.11b

11 Mbps での無線ネットワーキングに対する IEEE 規格。

IEEE 802.11g

短距離間の 54 Mbps での無線ネットワーキングに対する IEEE 規格。

I フレーム

I frame

元の情報の大部分を含む MPEG-2 圧縮ビデオ・フレーム。後続の B および P フレームを作成するための基準として使用されます。

IDCT

Inverse discrete cosine transform

離散コサイン変換

このページの先頭へ

  • 今さら聞けない?!「FPGAの基礎講座」
  • FPGA特集記事 FPGAに関する最新情報を分かりやすく開設

FPGA 関連情報

ピックアップ用語

インスタント・オン
インスタント・オンとは,電源投入後すぐに動作を始めることをいいます.主にCPLD がこの特徴を持っています.
全文
論理ブロック
論理を構成する回路ブロックを指す言葉です.CPLD ではマクロセルが論理ブロックに相当します.FPGA については,各社で構成や呼び方が異なります.FPGA やCPLD の内部には論理ブロックのほかに...
全文

お役立ちリンク